FC2ブログ

大沢 在昌 俺はエージェント




肩の凝らない長編のコミカルなスパイ小説です。

主人公は007シリーズのジェームス・ボンドのようなエージェントにあこがれている村井という名のフリーターです。

パチンコの帰りに行きつけの「大衆居酒屋 ますい」へ行き、古本屋の百円均一で買った『エージェント・ハリー』シリーズを読み始めるところからこの物語は始まります。

スパイにあこかれている村井はひとしきりスパイに対する憧れを語っているところに、この居酒屋にいつもいる七十過ぎの白川という爺さんに一本の電話がかかってきます。

アパートに帰り主人公の部屋で、自分の部屋の目の前の部屋に住んでいる白川さん話をしていると、白川さんの部屋に何者かが侵入している姿が見えました。

白川さんにかかってきた電話は「コベナント」という現役復帰のコードを告げるものであり、そこから、元KGB、今はロシア対外情報部(SVR)のバランコフの助けを借りて、襲いくる敵の攻撃をかいくぐり、テロリストのネットワーク、即ちアルファに対抗してできたオメガの仲間を訪ね、復帰を促すことになるのでした。

ここから荒唐無稽な世界が繰り広げられることになります。



本書は『俺はエージェント』は、この作家の『新宿鮫シリーズ』や『狩人シリーズ』のような男くさく、シリアスなハードボイルドチックな冒険小説とは異なる、ユーモア満載の活劇小説です。

それでいて、彼等エージェントの働くインテリジェンスの世界についてはけっこうリアルに描写してあったりと、大沢在昌の世界がたしかに繰り広げられています。

登場人物は皆、自分の正体を隠し、嘘をついている人物ばかりであり、裏切りに継ぐ裏切りの末に、読んでいて誰が敵で誰が味方なのか分からなくなるほどです。

しかしながら物語自体は決して読みにくいことはありません。気楽に読み進めることができます。ただ、少々説明的になっているところが気になりますが、さほど言うほども無いでしょう。肩の凝らないコメディ作品です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR