FC2ブログ

誉田 哲也 あの夏、二人のルカ




誉田哲也の久しぶりの長編の青春小説です。



一人の女性が離婚し、仕事も辞め、生まれ育った谷中にある親の残したビルのオーナーとして帰ってきました。そこに新しくできていたのは乾滉一というギターのリペアマン(修理の専門家)がオーナーの「ルーカス・ギタークラフト」というギター及び日用品の修理の店でした。

いっぽう、家は貸しスタジオを経営していて無料でスタジオも、また貸楽器も使え、自身はドラムをやっている女子高生の佐藤久美子は、クラスで見かけた一本のアコースティックギターの持主を探し出し、蓮見翔子と谷川実悠とを誘ってガールズバンドを作ろうと目論見ます。

そこにバンドの話を聞きつけた真嶋瑠香、それに歌がうまいということで森久遥という二人が参加してきて、ここにガールズバンド「ルーカス」が誕生したのです。



誉田哲也という人は若い頃はプロのミュージシャンを目指していたというだけあって、音楽をテーマにした小説も何作か書かれています。本書もその仲の一冊であり、女子高校生によるガールズバンドの物語です。

本書の特徴としは、一つは女子高校生のバンド活動の様子が、一つは離婚し、仕事も辞めて生まれ育ってきた街に戻ってきた一人の女性の姿が描かれているという、二本の時系列があることでしょう。

そして、より特徴的だと思うのは、女子高校生らのバンド活動の描き方として、自身はバンド活動はせずに、手伝いや助言などはするものの、バンドを見ているだけの真嶋瑠香という子を参加させていることでしょうか。本当はバンド活動が先にありきの話なのですが、逆に女子高生の仲間が先にあって、その延長線上にバンドがある雰囲気なのです。

しかし、この真嶋瑠香という女の子が物語上重要な役割を担っているのです。こうした構成も誉田哲也のうまいところだと思います。


女子高生が新しくバンドを組み、活動を始める物語ですので、まずはレンタルスタジオの構造やエレキギターやベースをアンプにつなぐところから説明してあり、更にギターの奏法などについても物語の随所に挟みこんであります。バンド活動にのめり込んだ経験を持つ作者ならではかもしれません。

誉田哲也の小説らしいと思うのは、青春小説でありながら、時間軸を違えた二つの物語をかたりつつ、現在の時間軸の語り手が、かつての女子高校生のうちの誰なのかを小さな謎として残し、それを少しずつ分からせていく描き方にあります。

また、過去は佐藤久美子、現代は沢口遥と乾滉一の三人という異なる視点で描かれていきますが、こうした手法は誉田哲也という作者の得意とする手法のようで、よく使われています。勿論、その手法が効果的であるのもまたこの作者ならではなのでしょう。

本書もさすが誉田哲也と思わせられる作品でした。このところこの作者の作品にはずれはないと思えます。また、次作を期待したいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR