FC2ブログ

結城 充考 捜査一課殺人班イルマ エクスプロード




警視庁捜査一課の入間祐希警部補を主人公とする『捜査一課殺人班イルマシリーズ』の第三巻です。



大学で発生した水谷英治という物理学教授が死亡した爆破事件と同時に、元傭兵が近くのビルで五名を手製の武器で射殺している立てこもり事件が発生した。イルマは自分も負傷しながらも何とかその犯人、斉東克也を逮捕する。

次いである出版社の編集部で第二の爆破事件が起こる。大学の事件とは物理学関連という共通性があり、共に爆発物の送り状に書かれた「ex」という文字が残されていた。

捜査本部は水谷教授の同僚で行方不明になっている新発田準教授の犯行を疑うが、イルマはこの二つの事件に違和感を感じるのだった。



結城充考には『クロハシリーズ』というやはり神奈川県警の機動捜査隊に所属する女性刑事が主人公の警察小説があります。

このシリーズはSFの、それもサイバーパンクの匂いを持ったシリーズで、実際、電脳空間の描写もあり、他の警察小説とは若干雰囲気異なる小説でした。

しかし、本シリーズはそうしたことはなく、通常の警察小説です。ただ、まだ三巻目しか読んでいないのではっきりとは言えないのですが、アクション場面が多い印象があります。

端的に言うと、誉田哲也の『姫川玲子』シリーズの姫川玲子と同じ雰囲気を持った主人公です。男勝りの気の強い女刑事で、自分の推論を信じ、直情的に行動するその感じは、どうしても似た雰囲気を感じてしまいます。

ただ、本書のイルマ刑事の方が判断に至る過程で示される情報が少なく、より直感的であるような印象があります。更には、本書のほうがアクション性が高いということも言えるでしょう。



本書は、そのタイトルだけを見て、クロハシリーズだと思い読んだのですが、まったく別の主人公でした。入間祐希刑事を主人公とする新しいシリーズで、主人公だけがイルマと片仮名で表記される点だけがクロハシリーズとの共通点というところでしょう。

思いのほかに引き込まれて読んだ小説で、大沢在昌の作品に出てくる主人公のようでもある、などと思いつつの読書で、他の二冊も早いうちに読みたいと思うほどの作品でした。



読み終えてから気付いたのですが、本書は章内の項目ごとに視点が異なりますが、小文字で示された視点の主体の頭文字が項目のタイトルとして表示されています。例えば、視点の主体がイルマであれば“i”であり、斉東であれば“s”という具合です。

まあ、どうということも無い話ですが、先に気づいていれば少しは読書態度も変わったかな、と、思います。いや、あまり関係ないかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR