FC2ブログ

鈴木 英治 隠し湯の効-口入屋用心棒(39)





口入屋用心棒シリーズの第三十九弾の長編痛快時代小説です。



相変わらず左腕の治りがおもわしくない直之進だったが、秀士館館長の佐賀大左衛門の頼みで、相模国伊勢原の大山にある阿夫利神社へ木刀の奉納二言うことになった。

ただ、大左衛門の配慮で、奉納からの帰りには大山から十里ほど西にある信玄の隠し湯といわれる中川温泉に寄ってくるようにと言われるのだった。

それはまた、近頃、秀士館門人が受けている直之進目当てと思われる暴行事件の犯人の頭巾姿の侍を、直之進に引きつけるという意味もあった。

自分の子宝を願う琢ノ助や、富士太郎の嫁の智代の安産を願う珠吉も同行することとなった旅立ちとなったが、途中ヤクザものに襲われている親子連れを助けつつ、更には頭巾の侍の襲撃を注意しながらの旅となるのだった。



本書は、御上覧試合とその後の秀士館の医術方教授である雄哲の失踪事件の解決のあとのひと休み、といった物語でした。とにかく、直之進の怪我が治っていない、という状況だけがあり、他は本書だけで完結してしまう取り立てて言うこともない一巻となっています。

秀士館の門人たちが暴漢に襲われ怪我を負わせられるという事件が本巻での語るべき事件ですが、その事件にしても特別なことはありません。

暴漢の正体も分かってしまえばその設定に少々無理を感じる正体でしたし、旅の途中で出会う親子にしてもとってつけたような挿話であって、単に変化の無い旅に無理に変化をつけたというしかない設定でした。



前述したように、シリーズの中での中休み的な話であり、それ以上のものではありません。ただ、この温泉につかったおかげで直之進の左腕の不具合も解消することになったという点では意味があったのでしょう。

しかしこの点にしても、旅立つ前は布で吊っていたほどの痛みが走るほどであったのに、一日温泉に浸かっただけでその痛みも解消するとは少々都合がよすぎる気もします。


とはいえ、本書の続巻の『赤銅色の士-口入屋用心棒(40)』では、痛快小説としての面白さが蘇っています。そう言う点では本書の意味もあったのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR