FC2ブログ

池井戸 潤 下町ロケット ヤタガラス





本書は、『下町ロケット ゴースト』に続くシリーズ第四弾です。



本書では、佃製作所の番頭の殿村が退職し、帝国重工の財前道生も異動しています。そして、あのダイダロスと資本提携をしたギアゴーストの伊丹と袂を分かった島津裕が佃のもとを去っていく場面から幕を開けます。

そんな折、帝国重工の財前道生から連絡が入り、無人農業ロボットの分野に参入したいので、佃製作所の得意分野であるエンジンとトランスミッションの供給を願いたいと言ってきます。

そして、ロボットの自動走行に関して、佃航平の学生時代の友人である北海道農業大学の野木博文教授の力を得たいのでその説得方も頼みたいというのです。

しかし、その話を聞きつけた的場が自分が取り仕切ると言いだし、佃製作所はこのプロジェクトからはずされるというのでした。

一方、殿村は同級生だった稲本の農業法人への参画を打診されます。しかし、その話には大地主の三男坊である農林業協同組合の担当者である吉井という男も絡んでいると聞いた殿村の父は、あれはだめだと切り捨てます。

そんなとき、突然、佃は無人トラクターの映像と共に「ダーウィン・プロジェクト」という名前がニュースで報じられるのを見るのでした。



今回はこれまでの作品と少々構造が異なるようです。

これまでの池井戸潤という作家の物語の流れは、主人公の前に立ちふさが難題を主人公らの必死の努力で打破し、若しくは乗り越えて成功に辿りつくというのが他の作品も含めての順当な流れでした。

しかし、本書は帝国重工とギアゴーストとの勝負の側面が第一義であり、それは重田や伊丹の的場に対する恨みをその根底に持っているのです。企業活動としての対立という外形のもと、個人感情を根底にした物語となっています。

それはそれで、また面白い話であることに違いはないのですが、少々気になりました。



また、人物造形が少々類型的になっているようです。。帝国重工の的場にしても、その部下である奥村にしても自分の出世が第一義であり、他者はその道具にすぎないと思っています。また、重田も復讐ありきです。

伊丹も前巻の『下町ロケット ゴースト』で人情味のあるやり手経営者であった筈が、本書ではまるで別人のような人から受けた恩も簡単に無視できるような人物設定になっているのも気になります。

ただ、重田が来し方を振り返り、その虚しさを思う場面だけは救いでした。

他にも思うところはありますが、それでもなお面白い小説です。テレビで放映されているドラマと合わせて今楽しみに感じている作品です。

テレビドラマといえば、来年にはラグビーをテーマにした池井戸潤の新作をもとにドラマが製作されるという話を目にしました。早く読みたい気持ちでいっぱいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR