FC2ブログ

安生 正 レッド・リスト





生存者ゼロ』で、第十一回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した安生正の長編パニック小説です。



十二月五日の午後、虎の門中央病院では続々と劇症疾患を発症した患者が運び込まれていた。大腸感染症や破傷風などの原因の異なる感染症であり、何が起こっているのか、病院のスタッフまでもが生命の危険にさらされていた。

そんな中、対応に追われる厚生労働省健康局の結核感染症課の課長補佐の降旗一郎や国立感染症研究所村山庁舎の都築裕室長らをしり目に、街中で一人の女性がヒルに襲われ死亡するという事件が起きた。しかもヒルの体内から破傷風菌と新種の赤痢菌が見つかったというのだ。

一方、東京メトロこと東京地下鉄株式会社本社の工務企画課長の山口は二人の刑事の訪問を受けていた。刑事からは、多数発生している行方不明事件の被害者の一人の、銀座線の京橋駅でトンネルの奥に何かを見つけてトンネル内に入っていく映像を見せられるのだった。

そしてこの冬、日本は記録的な寒波に襲われることが予想されていた。



「レッドリスト」とは、絶滅のおそれのある野生生物の種のリストです。国際的には国際自然保護連合 (IUCN)が作成しており、国内では、環境省のほか、地方公共団体やNGOなどが作成しています。環境省_レッドリスト : 参照 )



『生存者ゼロ』は若干の期待外れで、『ゼロの迎撃』はそこそこの面白さがあり、三作目の『ゼロの激震』は説明過多という印象を持ったこれまでの安生正作品でした。

そして、本作『レッド・リスト』はこれまで読んだ安生正作品の中では一番期待外れでした。ちなみに、前作『Tの衝撃』は未読です。

勿論、パニック小説として途中で投げ出すほどに面白くないというわけではなく、それなりに楽しめた作品ではあったのです。

しかし、どうも登場人物にリアリティが感じにくい。特に主人公となる降旗一郎が気の弱いエリートという当初の設定にどれほどの意味があるのか、良く分かりません。助言者としての都築裕博士も今ひとつ存在感がないし、何よりもこの手の作品でよく出てくるマッドサイエンティストの村上教授に至っては現実感が全くありません。



一番本書で感情移入できなかったのは、パニックの原因となる生物のありようです。詳しくはネタバレになるので書けませんが、どういう説明があったとしてもリアルな物語としての世界を考えにくいのです。

また、殺人事件としての捜査も、最終的には一本の流れにまとまっていくのですが、そこの描き方も無理を感じ、物語の世界観に浸ることができにくく感じてしまいました。



とまあ、ここまで否定的なことばかり書いてきましたが、これまで挙げてきたこと以外に書くことがないから書いた、というのが正直なところかもしれません。

積極的にこういう理由でこの小説は面白いと胸を張って言うことができないので書きやすい批判的な言葉を連ねてしまった、というところです。



パニックの原因となる事象が実に現実味がある、と言えないとなかなかに感情移入できにくいものだと覆い知らされた作品でもありました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR