FC2ブログ

堂場 瞬一 二度目のノーサイド





ラグビーがテーマというめずらしい長編小説です。

作者の堂場瞬一は、どちらかというと警察小説、それもハードボイルド系の警察小説の書き手という印象が強い作家さんだと思われます。ただ、野球や陸上競技などをテーマにした作品も多数書かれておられます。


今は廃部となった武蔵野電産ラグビー部のナンバー8であった桐生威は、もとマネージャーだった石川祐二の葬儀のあとで、仲間の一人である木塚良知の「俺たち。やるべきことがあるんじゃないか」という言葉をきっかけに、あの試合の決着をつけるべく動き始めた。

会社の経営環境はラグビー部の存在を許すものではなく、負けたらすべてが終わりという状況の中で中途半端な試合をし、フジビールに敗れ、ラグビー部は消滅したのだった。

現在、フジビールのヘッドコーチをしている青木に声をかけ、フジビールのメンバーも集めてもらう段取りをつけ、あとは数名の不参加者を集めるだけとなった。

問題は武蔵野電産ラグビー部の数名のメンバーだった。一人は当時のキャプテンの島幸彦であり、あの試合で外れくじを引き負けた責任を感じ、桐生からの電話にも出ないでいるのだ。

そして、今はテレビのメインキャスターとして人気の、スタンドオフとしてキックのスペシャリストだった村瀬潤。村瀬にとってラグビーは生き様であり、だからこそ仕事で汚したり、恥をかいたりしたくないのだという。

そして、この再試合のきっかけだった筈の小塚良知が行方不明になっていたのだ。彼の勤務するゴールドトレーニングという会社が詐欺容疑で立件されるらしいのだった。その社員である小塚が行方が分からないのだ。



桐生は島、村瀬、小塚といった問題を抱えている人物を一人ずつ口説き落としていく、その過程が描かれています。


作者がラグビーをやっていただけあってラグビーに対する思い入れも強く、練習や試合の状況もかなり詳しく、経験者らしい描写が為されています。

しかし、本書で描かれているのはラグビーというスポーツ自体ではなく、ラグービーというスポーツに関わってきた男たちの人生であり、生き様です。ですから、物語としてはラグビーというスポーツでなくても成立する物語ではあります。

ただ、ラグビーというスポーツの特殊性と言いますか、肉体そのもののぶつかり合うスポーツであり、さらにチームスポーツという特性が特に強いスポーツであるところからくる、“熱さ”が根底になっているという意味ではラグビーならではと言えるかもしれません。


ただ、少々熱すぎます。悔いを残した試合の再選を期し、本書のように生きれるかと言ったら、疑問です。

たしかに、このスポーツをした人間に特有の「熱さ」はあるにしても、五年もの間心に鬱屈を抱えたまま前に進むこともできないほどのものだろうか、という気がしてなりません。それとも、作者の思いの熱さが勝っているということでしょうか。。


とはいえ、やはり登場人物たちの熱意に感動する部分があるの事実であり、なんとも通と半端な気分です。熱い小説であり、少しの疑問を抱えながらも、その熱さに撃たれている自分もいるのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR