FC2ブログ

堂場 瞬一 10-ten-




ラグビーをテーマに描いた堂場瞬一の長編小説です。

ラグビーをテーマにした堂場瞬一の作品には前回書いた『二度目のノーサイド』という作品があります。

しかし、こちらは不本意な負け方をしたチームの一員が再試合をするために個別の問題を抱えたかつてのチームメイトを口説き落とすという物語であり、ラグビーというスポーツそのものを描いた作品ではありませんでした。

それに対し、本書『10-ten-』はまさにラグビーそのものが描かれた作品です。



リーグ戦の途中で急死した進藤監督のあとを継ぎ、ヘッドコーチであった七瀬が城陽大ラグビー部の監督を引き受けることになります。七瀬は、高校時代の恩師でもあった進藤前監督のラグビーに対する本当の意思を実現しようと試みるのです。

現在の城陽大ラグビー部は、フォワードの突進力こそ鍵とする戦術を信条としており、現チームのキャプテンで進藤前監督の息子である進藤は、そのテンマンラグビーこそ進藤前監督の意思だと信じていました。

しかし、七瀬が前監督の真意だと信じる戦術は、現チームの戦術とは相反するものであり、試合は臨機応変にその場の判断で選手自身が決めるべきものだというものであって、型にとらわれない自由なものでした。

選手自身が自分の頭で考えてその場でゲームメイクをする。それこそが進藤前監督の意思だと信じる七瀬は、理不尽なOBたちの圧力や、前監督の亡霊に縛られているように思える選手たちとの壁に拒まれ、なかなか自分の意思を実行できずにいました。

そうした状況で、リーグ戦もあと数試合を残すまでになっていたのです。



私も高校時代にほんの少しですがラグビー部に属していましたが、本書で七瀬が言う「自分たちで考える」とは、高校生レベルでの話とはまた次元の異なる話だとは思います。

それにしても本書で描かれている戦術は若干ワンパターンのような気がしないでもありません。

いくらなんでも、本書での進藤キャプテンのように定型的にゲームメイクをしていては相手チームは対応もしやすく、更には攻撃もしやすくなりはしないかと思うのですが、そここそが違う次元での話なのでしょう。



それともう一点。七瀬が学生自身が考えるラグビーを目指し、そこに気づくことそのものが大切だとして殆ど会話をしないままに監督業をこなしています。

リーグ戦の残り試合数が少なく、絶対的に時間が足りないからこそ自分たちで気づく必要があるというのですが、逆に時間がないからこそ徹底的な話し合いが必要だとは考えられなかったでしょうか。話し合い話なければ意思は通じないと思うのです。



ともあれ、本書で描かれているラグビーの試合の模様は手に汗握ります。実にリアルです。

練習風景や秩父宮ラグビー場の様子、それに細かいところではフォワードとバックスのスパイクの形態の違いなどまでも詳しく書かれていて、その上で実際の試合の様子がぶつかる肉体の音がするようなタッチで描写してあります。

ただ、ラグビーの場合一般にルールが知られていないこともあり、更にはやはり道具を使わない肉体の闘いであるチームプレイという特殊性から、その描写は困難だっただろう思います。

その壁を超えたところで描き出してある本書の描写は見事です。


ということは本書のような小説は最早読めないのかもしれません。再度の機会を待ちたいと願うばかりです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR