FC2ブログ

木内 一裕 ドッグレース





元やくざの探偵矢能を主人公とするシリーズの四冊目長編ハードボイルド小説です。



人気俳優の松村保と人気歌手の夏川サラ殺した容疑で逮捕された児嶋康介は、弁護士ではなく矢能に依頼するといった。

児嶋の弁護士鳥飼美枝子から真犯人と目されるガスこと西崎貴洋の友人の河村隆史という男を探す仕事を依頼された矢能は、ある人物からこの仕事の裏の事情を聴いて仕事を請けることにする。

一方、この事件の担当の金山検事は、二人のマル暴刑事に、矢能が児嶋を無罪にしようとする偽装工作をするようであればそれを阻止するように命じる。

久能は、工藤という知り合いのヤクザから西崎が清武組の志村という男が仕切っている賭場にいたことを聞き、清武組の志村鉄矢と会うが、清武組の若衆頭の枝野という男から、河村を探すのはやめるようにと脅しが入った。

久能はすぐに枝野に会いに行き、二人のボディーガードとともに叩きのめし、取り上げた拳銃をつかんでいるところにマル暴コンビがやってきて、つかまってしまうのだった。



まさにエンターテインメント小説です。ハードボイルド小説といっていいものかは疑問もありますが、たぶんそう言い切ってもいいのでしょう。

元やくざの矢能はシリーズの一巻目の『水の中の犬』で一人娘の栞を残して死んだ名無しの探偵の「俺」の後を継いで探偵となっています。

矢能の名前は裏社会ではかなり通っており、今回のような事件は矢能にはうってつけの事件ではあります。

というのも、逮捕された児嶋のいう通称ガスという男の知人の河村という男は裏社会に潜む男であり、その世界にコネクションを持つ矢能のような男でなければ探索のしようもないのです。


ストーリーは単純で、矢能が事情を知っていると思われる河村という男を探し出すというだけの話です。そこにかつてのヤクザの仲間やマル暴の警官、検事、捜査一課の刑事、そして栞が慕う美容室のお姉さんの話がサイドストーリー的に挟まれています。

面白い物語は話は単純なものになるのが普通のようで。そこに色付けされる登場人物のキャラクターなどで話は膨らみ、読者がその膨らみ方で引き付けられるのだと思われます。

そして、本書は主人公のキャラクターが強烈であり魅力的です。黒川博行の物語で出てくるようなアウトローが主人公であって、物語は強烈です。小説全体を暴力の雰囲気が覆っています。

しかし、どこかコミカルな雰囲気を漂わせていて、さらには栞という女の子の存在が決定的です。

栞に絡んだ近所の美容院のお姉さんとの挿話は少々中途半端な印象は受けますが、物語全体の印象を柔らかくする役には立っているようです。


これからも楽しみなシリーズと言えます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR