FC2ブログ

深緑 野分 ベルリンは晴れているか





第二次世界大戦後の連合軍の統治下にあるベルリンを舞台にした長編のミステリー小説で、第160回直木賞の候補になった作品です。

あらすじ
1945年7月。ナチス・ドイツが戦争に敗れ米ソ英仏の4ヵ国統治下におかれたベルリン。
ソ連と西側諸国が対立しつつある状況下で、ドイツ人少女アウグステの恩人にあたる男が、
ソ連領域で米国製の歯磨き粉に含まれた毒により不審な死を遂げる。
米国の兵員食堂で働くアウグステは疑いの目を向けられつつ、彼の甥に訃報を伝えるべく旅立つ。
しかしなぜか陽気な泥棒を道連れにする羽目になり――
ふたりはそれぞれの思惑を胸に、荒廃した街を歩きはじめる。


上記「あらすじ」は、筑摩書房の公式ページに記載されていたあらすじです。

本書で描かれる戦後ベルリンのでの一般市民の姿やユダヤ人の姿は決して明るくはありません。

また、現在の物語の進行の間に挟まれる、「幕間」として記述されているアウグステの幼いころからの物語で描かれるナチス、またドイツ一般市民、それに特にナチスに迫害されるユダヤ人の姿は悲惨です。


これまでいろいろな場面で見聞きしてきたナチスによるユダヤ人迫害の歴史をまた見せつけられるのはかなり気の重いことでした。また、戦中、戦後のベルリン市民の生活苦にしても同様です。

日本がそうであった時代と変わらないのでは、との印象を持ちながらの読書でした。

ただ、直木賞候補作となった作品であり、前作の出来が良かった、という事実だけで読み進めました。

確かに、読後の印象はそうは悪くありません。しかしながら、本書に描かれている状況の重さは、やはり、この傾向の作品はもう読まないでもいい、と感じたのも事実です。



ミステリーとしての本書にしても、明かされた謎は決して納得できるものではありませんでしたし、途中で感じた疑問点は最後まで残りました。

明かされる謎は確かに意外ではありますが疑問が残るものでもありました。

また、ドブリギン大尉は、当初からアウグステを目的地付近まで車で送ってやれば時間的にも無駄がないのに、ということもあります。



物語の合間に挿入される「幕間」と、その構成の持つ意味、何よりも四か国による統治下のベルリンという土地の描写力など、本書の持つ魅力は大きなものがあります。

ただ、物語の持つ「重さ」は決して簡単なものではありません。

そして、第154回直木三十五賞候補になった『戦場のコックたち』でも感じたことですが、「どの時代のどんな人物を題材にしようが、文学は自由」ではあるものの、なぜ舞台がベルリンである必要があるのか、ずっと疑問が付きまといました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR