FC2ブログ

有川 浩 阪急電車

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る

最初に読んだのが図書館戦争の2作目の「図書館内乱」だったので、あまりに傾向の違いに驚いてしまいました。

毎度のことながらたまたま図書館で目の前に並んでいたので、そういえば映画化されていたなと、思い出し、映画化されるくらいならばそれなりに面白いのだろうと、内容は何も知らずに借りました。

阪急電車の今津線でのほんの十数分の間の出来事を各駅ごとの章立てで描き出した連作短編集(?)のような物語です。

図書館戦争では基本的に軍隊の物語ですが本書はそれとは真逆のほんわかとした小編で出来上がっています。

少々話が都合がよすぎるのでは、と思わないではないのですが、せめて好きな本の中ではほのぼのと心温まる物語にひたってもいいじゃあないか、と思わせられる物語です。現実にこんな恋物語は無いでしょうが、それでもホッと一息、心温まる、そんな小編に満ちています。

ひと駅ごとに入れ替わる無関係の人々のそれぞれに各々の人生があって、その人生は交錯することはありません。でも、ほんのたまにある人の人生が別のある人の人生と一点で重なり、そこで小さな恋物語が生まれたり、心許せる友達が出来たり、無神経なおばさん達をほんの少し懲らしめたありすることもあるのです。

たまにはこんな物語もいいなと思ってしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR