FC2ブログ

麻生 幾 ケースオフィサー








以前読んだ『ZERO』などの作品でもそうだったのですが、この作者の作品群では組織概要なども含め事柄の描写が緻密に過ぎ、情報量が多すぎて読み手が消化できずに終わる危険性が多分にあります。

本書ももちろんそうで、その上にアメリカ同時多発テロ事件のあった2001年と、名村が再度国際舞台へと戻る1983年以降の物語との二つの時系列の物語があり、その時系列の混在がさらに混乱に拍車をかけています。

また、私に限ってかもしれませんが、2001年の話の中に二十三年前の出来事が回想として挿入されている箇所があり、また混乱してしまいました。

つまり、本書での話の流れには1980年代の名村を中心とした話、2001年の流れの中に、名村、若宮、北村警部補それぞれの視点があり、そしてパンデミックを語る流れでの視点の変化と大きく分けただけでこれだけの視点の変化があり、さらに細かく時系列が入り組みますので、非常に読みにくい話になっているのです。

文庫本で上下二巻、800頁足らずの分量がありますから、一読しただけでは物語の全体像を見失ってしまいそうです。



さらに苦言を呈するならば、主要人物、例えば若宮賢治や松村一郎などの重要な役目を担っている脇役の描き方が中途半端に感じてしまいました。

本書で登場する官僚は殆どみんな自分の出世のため、という判断基準で動いている点はまだ小説として許せるかもしれませんが、例えば若宮賢治の人間像が出世欲のほかに今一つ見えてこないのです。

資料を読み込んで情景や組織構造などを緻密に描写するのであれば、その分、もう少し人間を描いてもらえればと思います。名村の奥さんなど一行、二行で処理されています。



しかしながら、やはりエンターテインメント小説として非常に面白いというのもまた事実です。

本書が実に真実味を持った物語になっているかは一読されてみればすぐにわかるかと思います。その真実性の上に構築されている虚構部分もまたリアリティを帯びていて、やはり惹き込まれてしまうのです。

国際社会での情報官らのやり取りにしても、どこまで事実に即しているのかは判断のしようはありませんが、所詮小説上での出来事であり、あり得ない事柄だと切り捨ててしまっていいものか迷ってしまいます。

文句はつけつつも、ほかの作品も手に取ることでしょう。それだけ面白い小説だと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR