FC2ブログ

垣根 涼介 信長の原理






本作品は第160回直木三十五賞の候補作となった長編の歴史時代小説です。


  第一章 骨肉 / 第二章 増殖 / 第三章 制圧 / 第四章 均衡 / 第五章 亀裂 / 第六章 崩落


本書で描かれている信長像自体は、これまで種々書かれてきた信長像とそんなに異なるところはないと思われます。

吉法師と呼ばれていたころから若様らしくない「うつけ者」として陰口をたたかれるほどに暴れまわっていたこととか、長じて武将として天下にその名を知られるようになっても強烈な個性を持った癇性な殿様であったことなど、これまでと変わりません。



ただ、本書での信長の行動の基本には幼いころに蟻の行列から感じ取ったある原理がありました。

後に藤吉郎らに命じて確認することにもなりますが、懸命に働く蟻は二割しかいないという原理です。残りの蟻は六割が漫然と働き、最後の二割は怠けるだけなのです。

それは、現在「パレートの法則」やその亜流としての「働きアリの法則」と呼ばれているものであり、もともとは経済の分野においての経験則だそうです。



信長は、この原理に基づいて、より効率的な軍勢運営をなそうと苦労します。

ただ、この原理には藤吉郎も気づいていたらしく、のちに光秀にもつい漏らしてしまいます。その先にあるのは、私たちが知っている歴史的な現実です。



本書の一番の特徴としては上記の「原理」を中心に据えていることにあるにしても、さらに指摘すべきことは、登場人物らの内心の描写に多くのページ数を費やしていることが挙げられます。

信長はもちろん、藤吉郎や柴田勝家、さらには明智光秀といった武将たちの心の動きを、彼らの視点で丁寧に解析し、読者に示してあるのです。


また、信長が松永弾正久秀について、悪党なりの首尾一貫した行動哲学があるとして評価し、松永弾正の心情についてもかなりの紙数を費やして描いてあったことは、個人的に好ましく思ったところでした。



確かに、本書の六百頁弱という分量は少なくはなく、詳細な心理描写は少々辟易としましたが、それでも各武将たちの心象描写はそれなりに面白く、直木賞候補となるのも首肯できる作品でした。

とにかく、歴史小説として、独自の観点からの分析がなされていて面白く読んだ作品です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR