FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生 幾 外事警察





日本国内のテロ防止に奔走する外事課員の姿を描く、長編のサスペンス小説です。

本書も作者麻生幾のほかの作品、例えば『ZERO』や『ケース・オフィサー』と同様に、物語の筋が追いにくい小説です。

読了後、しばらくして本書のストーリーを思い出そうとしてもおおざっぱな流れ、もしくは細かな場面しか思い出せません。全体的に本書の紹介をしようにも、要約することができないのです。



住本健司警部補を班長とする警視庁外事第三課作業班班のメンバーが、日本国内に潜入したと目されるテロリストらを逮捕するために奔走する姿が描かれているのですが、その過程が複雑です。

また、登場人物も多人数であり、さらには彼らの属する団体同士の関係もわかりにくく、あらすじを追うことを一段と困難にしています。

例えば、警視庁SATと住本の所属する警視庁外事課との関係や、そこに警察庁警備局が絡んで祖語の指揮関係などはどうなるのか不明のままに読み進めました。

さらには村松久美という内閣官房長官の政治的な野心や、政界のフィクサーが登場していろいろ暗躍します。

その行政からの警視庁や警察庁への命令、その命令の無視、警察関係内部での裏切りと物語はどんどん混乱してきます。さらには、テロリストの側でも良心の呵責に苦しむものなどが登場し、一本調子ではありません。



緻密なインテリジェンスの世界が描かれる一方で、日本の街なかで爆破事件や発砲事件が起きたりと荒唐無稽なスパイ小説のようなストーリー展開が繰り広げられます。

そうした混とんとした状態で文庫本で553頁という長い物語を読み通すことになるのですが、最後に小さな逆転劇があったりとなかなかに楽には読めない物語です。


とはいえ、この作家の作品のどこかで書いたことですが、小説として決して読みやすくはない作品でありながら、それでもなおこの作者の作品を読みたいと思うのです。

それはこの作者の描く世界が自分が知らない世界を緻密に描写してることや、単にそれだけにとどまらずにある種のアクション小説のような小気味よさを持っている処に魅力を感じているのかもしれません。

ともあれ、本作品の続編として『外事警察 ジャスミン』という作品がありますので、そちらも間をあけずに読みたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。