FC2ブログ

今野 敏 キンモクセイ





あいかわらず読みやすい、今野敏にしては珍しいインテリジェンス小説です。



キャリア官僚として警察庁警備局に勤務する隼瀬順平は、ある官僚が殺された事件についての調査を命じられますが、すぐに捜査体制の縮小を命じられます。

しかし、被害者が“キンモクセイ”という言葉を残していたことを知った順平は、外務省北米局北米第二課の木菟田(つくた)真一や、厚生労働省健康局指導調査室の燕谷幸助ら同期の集まりである「土曜会」メンバーの力を借りて、その言葉に隠された謎を探り出そうとします。

ところが、順平の後輩で、いろいろな情報を教えてもらっていた警察庁刑事局刑事企画課の岸本行雄までも殺されてしまうのでした。



本書の主人公は警察庁の警備局に勤務する公安マンです。その公安警察が一人のキャリアの死に隠された謎を解決するために活躍する姿を描いてあります。

本書の謎は日本の支配構造に関わる謎であり、本書の惹句に「日米関係の闇に挑む本格的警察インテリジェンス小説」とあるのも一応納得できます。


しかし、本書の実際は、通常の刑事警察の活動を描いた警察小説とあまり変わりません。

“キンモクセイ”という言葉の謎を探る過程が通常の刑事の活動とあまり異ならないように感じ、麻生幾らの描くインテリジェンス小説と同じと思うとかなり違和感を感じると思います。



ただ、そのことは本書の面白さとはまた別の話です。

日本の真の支配構造に関わる実務者会議である「日米合同委員会」に迫るという本書は、公安事案でありながらも通常の刑事警察のように構成されているというだけで、その面白さはやはり今野敏の物語です。

そこには今野敏ならではのエンターテインメント小説の作り方があると思われ、その通りに面白い小説として仕上がっているのです。

もしかしたら、今野敏の公安警察を描く小説としてシリーズ化されるかもしれず、そうであればいいと思っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR