FC2ブログ

夏川 草介 新章 神様のカルテ





『神様のカルテシリーズ』も、「新章」として舞台を大学病院へと移して新しくなりました。


第一話 緑光
ある患者の退院をめぐり、その娘に対する一止の茶番的な、しかし辛辣な言葉が投げかけられます。
第二話 青嵐
小波拓也という少年の入院にまつわる物語です。
第三話 白雨
潰瘍性大腸炎が悪化し、新たに膵癌まで見つかった患者に関し、人の本性というものは、地位や肩書で示されるものではない。窮地に陥ったときの振る舞いで見えるものである、と感じ入る一止です。
第四話 銀化粧
若くして膵癌に侵された患者の家族を前に、「医療現場にはしばしば説明のつかない出来事が起こる。ゆえに私は無神論者ではない。だが慈悲深い神は信じない。医療に、奇跡は起きない。」と思う一止。
第五話 黄落
死に直面した患者のために一身を賭する一止がいて、その一止を見守ってくれている第三班班長の北条医師がいます。また、その患者のために更に看護師たちと一戦を交える利休と一止でした。



このところ、数冊の医療小説を読みましたが、やはり本書が一番私の好みに合致するようです。

医療をテーマにしている作品ではあるものの、というか、だからこそというべきか、本書は実に情緒的です。

それは、主人公の栗原一止などの登場人物が感情的に動くという意味ではなく、物語の描写の仕方が、自然豊かな信州の四季折々の風景描写や主人公一止の内心の描写などが情感豊かに描写されているということです。

上記の「医療に、奇跡は起きない。」などの言葉はその最たるものでしょう。勿論、前後の文脈を取り払い、この言葉だけを取り上げてもあまり意味はないのですが。



これまでの『神様のカルテ』シリーズに登場してきた本庄病院の登場人物もそうでしたが、本書での信濃大学医学部付属病院の第四内科の面々もまた実に魅力的な人物ぞろいです。

この人物らが、現実的な地域医療に対し果たしてきた大学医局の貢献を認めつつ、権力闘争の場としての医局ではない、医療の現場としての医局で活躍する姿を描き出している本書は胸に迫るものがあります。


ともあれ、主人公栗原一止の、細君のハルや新しい家族である二歳になる小春との生活、それに住まいである御嶽荘の解体問題などをユーモラスに描きながらも、医者として苦悩する姿を、決して暗くはなく描き出すこのシリーズが再開したことは喜びであり、今後の展開を楽しみにしたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR