FC2ブログ

北方 謙三 檻

檻 (集英社文庫)檻 (集英社文庫)
(1987/03/20)
北方 謙三

商品詳細を見る

かつてやくざな道を歩んでいた滝野は、今はスーパーの経営者として平凡な日常を送っていた。ある日、店に難癖をつけてきた若者を叩きのめしたことからか、現在の日常に違和感を感じ始めてしまう。そうした折、昔の仲間の高安の手助けとして一人の男を国外へ送り出す仕事を請け負う。そして、その仕事に絡み一和会というやくざと事を構えることとなった。

この本も30数年ぶりに読み返すこととなりました。

さすがに途中の細かい内容は覚えていなかったけど、ラストが近付くにつれ展開を思い出してきました。先が分かるのです。それでもなお引き込まれました。志水辰夫の「飢えて狼」と共に読みなおしたのですが、両方ともに相変わらず面白く読むことが出来ました。

「日常」から飛び出して、非日常の世界で命の限りを生きる。この両方の本を読んで思うことです。文字通り命の限りを燃焼させて生きることなど普通の人間には無いことですし、仮にそのような機会があっても出来るものではありません。それを頭の中で疑似体験させてくれるのがこれらの著者の作品だという気がします。言わずもがなのことではありますが。

脇役がまたいいのです。昔の仲間の高安も深いところで繋がる男を感じさせるいいキャラだし、探偵の平川、老漁師の太郎丸の親方もそうです。しかし、何よりも「老いぼれ犬」こと高樹警部が渋く、滝野というやくざな主人公を生かす敵役の型破りの刑事として配置されています。この配置が滝野の決して賢いとはいえないその生きざまを描き出していると感じます。

普通の、気の弱い小市民である私などが夢想だに出来ない男の姿が描き出されます。

北方謙三の短いセンテンスで描き出されるハードボイルドの名作です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR