FC2ブログ

海道 龍一朗 禁中御庭者綺譚 乱世疾走

禁中御庭者綺譚 乱世疾走 (新潮文庫)禁中御庭者綺譚 乱世疾走 (新潮文庫)
(2007/11/28)
海道 龍一朗

商品詳細を見る

下流公家ではあるが天皇の信任の厚い立入左京亮宗継は、山科言継と共に天皇の耳目となるべき禁中御庭番を作ろうと思い立つ。そこで上泉伊勢守信綱、宝蔵院胤榮、柳生宗巌の三人の知恵を借りて5人の若者を選びだした。新陰流の丸目蔵人、宝蔵院の大角坊、堺の商人の息子楠葉西門、陰陽師の香阿弥こと土御門有之、そして柳生宗巌の妹の凛の5人である。5人は織田信長の動向を探るべく、山科言継の同行者としてまずは岐阜へと旅立った。

先日読んだ宮本昌孝の「剣豪将軍義輝」にしてもそうだし、葉室麟の「いのちなりけり」にしてもそうなのだけれど、どうも歴史上の事実を詳細に書き込んである歴史小説を読めなくなってきているようです。読めないというと言い過ぎだけど、少なくとも昔のようには面白いと思えなくなってきているのかもしれません。

この本にしてももう少し選抜された5人が活躍するのかと思っていたのですが、それほどではありませんでした。それよりも歴史的事実の動向が先にあり、5人はその中で動いているにすぎないと感じてしまうのです。勿論、この5人の役目が天皇の目となり、耳となることであって、何事かを為すことではないのでそれも当然ではあるのでしょう。

しかし、「驚天動地の大活劇がいま始まる。」という謳い文句なのですから、冒険活劇小説を期待しても間違いではないと思うのです。その謳い文句にしては期待外れででした。

しかし、ほかでも書いたのですが、歴史が好きな人にはたまらないでしょう。

蛇足ながら、この作家には上泉伊勢守信綱を描いた作品で「真剣」という作品があるそうなので、読んでみたいと思います。ただ、もしかしたら昔読んだことがあるかもしれない、のが不安です。昔読んだ上泉伊勢守信綱についての小説はかなり面白かったのです。この作者かも・・・。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR