FC2ブログ

プロメテウス

プロメテウス [DVD]プロメテウス [DVD]
(2013/07/03)
ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー 他

商品詳細を見る

私が一番好きな分野のSF映画です。

本来、「エイリアン」の前日譚として企画されたと聞いていましたが、大人の事情で設定としては単に地球人類誕生の謎に迫る物語とされているようです。

地球の各地で同じ星座を指し示す壁画が発見され、一行達はその壁画の指示に従い地球を後にする。長い冷凍睡眠の後、到着した目的の星には人工物らしきドーム状の岩山があった。その近くに降りた一行は早速その岩山に向かう。そこにはエンジニアと呼ばれる宇宙人の死体があった。

さすがりドリー・スコットと言うべきなのでしょうが、あのエイリアンを作った人とはとても思えないものでした。

はるばる辿り着いた目的地の惑星で、たまたま人工物らしきものを見つける点もまず「えっ」っと思ったのだけれど、早速調査に赴いた先で酸素があるというだけで宇宙服を脱いでしまう、これはありえない。という風に、このように簡単に「変」と思える個所が随所にあるのです。

ところが、見終わってみると、B級映画でこのような突っ込みどころがあれば時間が無駄だったとか思うところなのですが、そういう感覚はあまり無いのです。映像はDVDで見ても壮大で、これが映画館であれば更に見応えがあるのでしょうし、ストーリーにしてもシャーリーズ・セロンが演じた人間の位置付けなど良く分からなかったりするのだけれど、それでも、なんとか見応えがある映画として心に残っているのです。

見た人なら分かる「横に逃げればいいのに」という突っ込みなど、リドリー・スコットという巨匠の前では力技でねじ伏せられてしまうのでしょうか。それとも単純に私がSFが好きだからということなのでしょうか。

とにかく、結論としてはまあ面白かった、ということになるのでしょう。

続編の制作が決定したというニュースもあったり、楽しみです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR