FC2ブログ

花村 萬月 武蔵(二)

武蔵(二)武蔵(二)
(2011/10/15)
花村萬月

商品詳細を見る

一巻目で武者修行の路銀稼ぎにと山賊の住処を襲おうと考えた武蔵達だったが、あっけなく叩きのめされ、逆に武蔵の養父の武仁とも知り合いだったその山賊達の仲間になってしまう。

その後里に戻った弁之助は、道林坊という弁之助の母方の伯父の住職のもとへと画を習いに行くことになった。その道林坊と共に気楽に京へ向かうが、その途中弁之助は佐々木小次郎という若者と出会うのだった。

今回も濡れ場が満載です。弁之助は勿論、小次郎も道林坊の京への途次に説教をうけた女と共に居り、その女を抱いてばかりいます。

この作家の基本として、性を通して人間を描くのでしょうか。まだ読んだ作品が少ないので何とも言えないのですが、そのような匂いがあります。

本書は弁之助と道林坊との小旅行がメインで、色々な人に出会います。そして、禅問答のようなやり取りが続くのです。どうかすると言葉遊びではないかとすら思える程です。だからと言って物語の展開が無いわけではなく、佐々木小次郎の登場や、弁之助の初めての人殺しなど、それなりのイベントは起きるのです。

ただ、やはり、少々説教くさい感じはします。武蔵の成長譚(かつて聞いた言葉で言うと「ビルドゥングスロマン」というのでしょうか)なので、ある程度は仕方のないことなのかもしれません。

これまでの武蔵とはまるで異なる宮本武蔵の物語です。今後の展開に期待したいところです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR