FC2ブログ

葉室 麟 月神

月神月神
(2013/07/13)
葉室 麟

商品詳細を見る

本書は前半と後半で異なる物語が語られます。

前半は明治維新時の福岡藩に実在した月形洗蔵という人の物語であり、後半はこの月形洗蔵の従兄弟である月形潔の北海道での樺戸集治監での物語になります。

先日読んだ長州は高杉晋作の「春風伝」に語られた月形洗蔵と福岡藩の話が取り上げられて一編の物語になているのです。維新時の小藩の、明治維新という時代の変革に振り回される様子が良く描かれていると思います。

これまで、薩長同盟とは中岡慎太郎や坂本竜馬が中心となって実現し、毎時維新に大きく寄与したのだと思っていました。勿論、彼ら独自の発想だとまでは思ってはいませんでしたが、そこに具体的に月形洗蔵という名前が出てきたのです。そして更に福岡藩の藩主黒田長溥自身がニュアンスこそ違え、同じような構想を持っていたとありました。当時のダイナミックな時代の動きは単純に個人の力だけでは動かないのだと、当り前のことですが、改めて思い知りました。

ただ、出来ればこの月形洗蔵の物語で一冊の物語を読みたかった気がします。残念ながらエピソードが少ないのかもしれませんが、そこを著者の力で物語に仕上げてほしかったのです。

結局、後半の潔の物語までも少々中途半端になった気がします。潔は時代を照らす月の光たらんとするも、集治監の所長として過酷な環境下で囚人たちに対し厳罰で臨まなければならない現実との相克に悩み続けますが、人物の配置などでこの作家にしては少々雑な感じがしたのは残念でした。

「蜩の記」「銀漢の賦」のような葉室麟ならばこそという物語を読みたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR