FC2ブログ

海道 龍一朗 真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱

真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱(上) (講談社文庫)真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱(上) (講談社文庫)
(2012/12/14)
海道 龍一朗

商品詳細を見る

真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱(下) (講談社文庫)真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱(下) (講談社文庫)
(2012/12/14)
海道 龍一朗

商品詳細を見る

この本は良い。冒頭から一気に惹きつけられました。後でこの本がこの作家のデビュー作だと知り、新人でこんなにも魅力のある文章をかけるのだと驚きました。それほどに人間や、何よりも立ち会いの場面の描写が見事なのです。

また、本書の構成も素晴らしいのです。まずは自らも塚原卜伝から奥義を伝授されるほどの武将である北畠中納言具教との立ち会いの場面から始まり、ここでの描写で読者の心は一気に掴み取られます。その後北畠具教から教えられた宝蔵院胤榮との立ち会いへと話は進むのですが、その前に上泉伊勢守信綱の生い立ちについての、改めての物語に入ります。

上泉伊勢守信綱という人は活劇小説に良くあるような、禄を食んでいる侍とか、その生活に何の縛りも無い浪人などではなく、小なりとはいえ領地経営をもこなさなければならない城持ちの武将です。 こうした領地を有する武将が剣の道に進むそのことがまずは不思議でした。ただ、この人の師である松本備前守もそうで、この時代の剣豪には武将である人も多かったようです。こうした点についてもそれなりの解説があったのは嬉しい配慮です。

一方、もう一人の師である愛洲移香斎は自由人であったようです。

尤も、この人の師匠が誰かという点については諸説があるようなのですが。

この後、曲折があり、剣の道を極めんとする孤高の生き方を選んだ上泉伊勢守は、冒頭の北畠中納言具教との場面に至ります。その後、柳生宗巌を立会人としての宝蔵院胤榮との立ち会いの場面の描写はとにかく読んでもらいたい、というしかありません。血が湧きます。

この宝蔵院胤榮の物語も少し語られていますが、この話も面白い。また宝蔵院胤榮や柳生宗巌の会話が関西弁で為されるのです。当たり前と言われればそうなのですが、最初は驚きました。しかしすぐに慣れ、逆に実にリアリティを持って読むことが出来ました。関西弁を話す柳生一族。面白いです。

とにかく、まずは読んでみて欲しい、としか言えません。面白いです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR