FC2ブログ

鈴木 英治 天下流の友-口入屋用心棒(36)




口入屋用心棒シリーズの第三十六弾です。

これまでの物語とは少々異なる流れの物語でした。本作では上覧試合という剣士にとってはまたとない設定が設けられ、物語の雰囲気も若干異なったものとなっています。



突然、直之進と佐之助が勤める「秀士館」に、駿州沼里城主の真興とその弟房興とが訪ねてきた。寛永寺において御前試合が開催されることになり、沼里藩の代表として直之進に出て欲しいというのでした。

まずは全国を十二に分けられた内の一つ、東海地方の代表とならねばならず、そのためには沼里で開催される予選を勝ち抜く必要があり、尾張藩の代表であり、柳生新陰流の本流と言われる尾張柳生の剣士を打ち破らねばならないのです。

予選参加のために沼里へと赴いた直之進やおきく、そして佐之助の一行は、沼里で跳梁する押し込みの一団の退治を頼まれます。

突然直之進の屋敷へ現れた尾張柳生の剣士新美謙之介とともに押し込みの一団を退治した直之進らは予選試合へと臨むのでした。



これまでのこのシリーズの流れとは少々異なる話の流れであり、マンネリ化を感じていた私としては待ちかねた展開だと言ってもいいかもしれません。

新たに現れた尾張柳生の遣い手の思いの他の登場の仕方や人間性であったりと、軽い意外性もあり、更には東海大会という予選を勝ち抜いた直之進のこれからの全国大会での活躍も待ち構えていて、これからの展開が楽しみになってきました。

尾張柳生のこのシリーズへの絡みもなんとなく含みを持たせてもあり、他に思いもかけない剣士も登場するでしょうし、続けて読みたいと思います。

ただ、この頃池波正太郎の剣客商売シリーズを改めて読み始めたのですが、やはり池波正太郎作品の読み手の心を離さない物語の展開の仕方、登場人物の魅力などに惹かれ、どうしても池波正太郎他の大御所の作品とそれ以外の時代小説とを比べてしまいます。そして、近年の時代小説の物語の作り方、表現の方法などの安易さなどを感じてしまうのです。

それは本シリーズも例外ではありません。勿論池波作品の模倣などであってはならず、その意味ではこのシリーズは独特の個性を持っています。ただ、話の運びが物足りなさを感じてしまうのです。

今後のより良き展開を期待したいと思います。

鈴木 英治 若殿八方破れ 8 彦根の悪業薬




若殿八方破れシリーズの第八弾です。

三年半ぶりにこのシリーズを手に取りました。

前回の岡山から今回は大坂、そして彦根へと舞台は移っています。

大坂の医篤庵の甲斎医師のもとには、原因不明の頭痛で九州へ向かう俊介らと広島で別れ養生していた皆川仁八郎が待っているはずでした。

ところが、その仁八郎は数日前に千紗という女性を追って彦根へと向かっていました。父親が殺されたとの知らせを受け彦根へ戻った千紗ですが、今度は千紗が隠れキリシタンだという疑いで統合されてしまった、というのです。

こうして舞台は彦根へと移り、井伊家の当代直央の病に絡む陰謀に巻き込まれていくのでした。

とは言っても、このシリーズの軽さはあらためて言うまでもなく、本文の量も360頁弱ほどであって二時間もかからないほどで読了してしまいました。

井伊家当主の病に付け込む御典医筆頭の暗躍も、あまりに安易な設定だなどと苦情を言うほうがおかしいと言えるほどのものであり、物語の展開も特別なことが起きるわけでもなく終わってしまいます。

とくに、クライマックスも読み手のほうが驚くくらいに簡潔に終わってしまい、これまでの物語の流れは何だったのかというほどです。

じつに漫画チックという他ないこの物語ですが、鈴木英治という作者の遊び心満載の話ですので、気楽に、そして結構心地よく読み終えてしまえます。

このシリーズもあと数巻です。一気に読み終えてしまいたいものです。

鈴木 英治 信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控




このところ『口入屋用心棒シリーズ』を読み続けていた鈴木英治の新作シリーズで、口入屋用心棒の湯瀬直之進の出身地である駿州沼里藩関連の物語です。

主人公は沼里藩江戸屋敷留守居役の深貝文太郎という男です。ある日、文太郎の相役である高足惣左衛門が町屋の女を殺した罪で捕縛されます。高足の無実を信じる文太郎は、高足ののこした「さんずのかみ」という言葉を頼りに真犯人の探索に乗り出すのでした。

本書は、副題で「沼里藩留守居役忠勤控」とあるように、江戸藩邸の留守居役である主人公の活躍を描く物語だと思われます。読んだ通りのそのままですが、まだ第一巻目であり、今後の展開を待つしかありません。

少なくとも第一巻目である本書では、沼里藩江戸屋敷留守居役の深貝文太郎という男を中心に、同僚の無実を晴らすために奔走する文太郎の姿が描かれています。

ただ、クライマックスでこの物語の色合いを決めるであろう出来事が起きます。そこで終わっているので今後がどんな展開になるのか、何も分からない、と言うべきでしょう。

今のところ口入屋用心棒シリーズでの富士太郎のような、ある種能天気な人物は登場してきておらず、本シリーズのほうがシリアスな展開になるのではないかと思われるだけです。

ただ、捕物帳的ではあっても、口入屋用心棒シリーズでもそうであったように、探索の進み方がどちらかというと場当たり的な印象がある点は本書でも否めません。

もう少し丁寧な描写、物語展開が欲しい気はしますが、やはり気楽に読めることを第一義とする痛快小説としては、これくらいの物語のほうがいいのかもしれません。

先に書いたように、最後で意外な展開も見られて以降の進行が気になることでもあるし、とりあえずはしばらく読み続けて見ようと思います。

鈴木 英治 木乃伊の気-口入屋用心棒(35)




正邪ふた振りの“三人田”は鎌幸のもとにかえされ、“三人田”にまつわる物語も前巻で一応の決着を見たと思われます。そして、本巻からは新しい物語が始まると思われたその冒頭から、理由も不明のまま直之進が襲われます。

何とかその賊を撃退した直之進ですが、今度は秀士館の敷地内から木乃伊が発見され大騒ぎです。そこに直之進と共に立ち合っていた佐之助は、運び出される木乃伊を目当てに集まっている野次馬の中に、冷たすぎる目で木乃伊を見つめる一人の侍に気がつくのでした。

後を追い名を聞くと永井孫次郎と名乗るのですが、どうも思い当たりません。後をつけ永井の幸せそうな家庭を確認した後、佐之助が秀士館に戻ると、今度はまだ新しい白骨死体が発見され、富士太郎が探索へと乗り出すことになるのです。

直之進らが務める秀士館は、今は取り潰しになった旗本山梨家の当主である石見守行定の手により焼失させられた屋敷跡に建てられたものだといいいます。富士太郎は、竹内平兵衛という山梨家の遺臣を探し当て、伊達家との当主同士の諍いがきっかけという取り潰しのいきさつを聞き、また定岡内膳という目付の名前を知るのです。

一方、直之進は自分を襲った賊を探し、伊沢要一郎という旗本の屋敷から出てきた、直之進を襲ってきた賊と姿が良く似た桶垣郷之丞という伊沢家の家臣に目をつけます。「侍は死を賭して主君に仕えるもの」という桶垣は、その後富士太郎の探索にもかかわってくることになり、更に佐之助の探索とも繋がってくるのでした。

本書では直之進と佐之助が剣術指南役として勤める秀士館にまつわる物語が語られています。直之進と佐之助、そして富士太郎という中心人物がそれぞれに働き、事件を解決していく、シリーズの定番の流れです。

佐伯泰英の『らくだ 新・酔いどれ小籐次』の折にも書いたのですが、小藤次の物語で感じるシリーズとしての物語の広がりを、この口入屋用心棒シリーズでは感じられなくなってきています。

直之進ら主人公の生き方が安定し、三人に琢之助を加えた四人の人生が落ち着くところに落ち着いてしまった、ということも一つの原因かもしれません。単純に痛快小説としての魅力が薄れてきています。

毎回同じことを書いていますが、もうひとつシリーズとしての厚みが欲しいものです。

鈴木 英治 痴れ者の果-口入屋用心棒(34)

前巻の終わりでは、刺客に襲われて危うい富士太郎を救った米田屋こと琢ノ助が、危篤状態に陥ってしまいました。

琢ノ助の危篤の知らせを受けていた直之進と佐之助が米田屋に赴くと、米田屋付近に、どうも鎌幸をさらった撫養知之丞の配下の者としか思えない不審な気配があります。撫養知之丞が米田屋を見張るとすれば、それは撫養知之丞こそが富士太郎を襲った犯人だからとしか考えられず、ここにおいて、いつものごとく直之進らの探索と富士太郎の探索とが交差するのでした。

阿波国を故郷とする撫養知之丞が江戸に出てきた理由は“三人田”にあるらしく、“三人田”には正と邪のふた振りの剣があり、ふた振りの剣がそろうと天変地異が起きるといいます。撫養知之丞はそれにより民心を惑わし乱世を導こうとしている、と考えられるのでした。

富士太郎は、太田源五郎殺しの下手人である源五郎の女であったおさんから、おさんの店に撫養知之丞が来たことを聞きこみます。

一方、佐之助は古い知人から撫養知之丞が故郷を出なければならなくなったしくじりを調べ、それが忍びとしての撫養家がつくっていた薬に関わることを聞きこみます。

こうして、奉行所の不審な人事やおさんの殺しなど、いろいろな人の不可思議な行動が撫養知之丞の手になる薬により操られていることを知るのでした。

本書で撫養知之丞の絡んだ事件は一応の解決をみるのですが、どうも物語として今ひとつのめり込めません。筋の運び方がどんどん雑になってきている印象です。

人の気配を感知したりするのはまだいいとしても、その気配が悪役の手下のものであることまで分かるというのは少々行きすぎのような気がします。

また、ふた振りの“三人田”があり、このふた振りの剣がそろうと天変地異が起きるという言い伝えをを信じ天下を覆そうと企む、などという展開はいかにも安易です。もしこの設定にするのであれば、もう少し“三人田”に関しての言い伝えを丁寧に書き込み、物語の中での言い伝えの信憑性を高めて欲しかったと思います。

そうした設定もなく、結末も“三人田”の言い伝えに関しては何も書いてありません。単に、返却した、というだけです。

鈴木英治という人はもう少し丁寧に物語を組み立てていた人の筈なのですが、このシリーズに関しては巻が進むにつれ雑さを感じるようになっています。

今後の修正を待ちたいものです。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR