FC2ブログ

辻堂 魁 銀花 風の市兵衛 弐





新シリーズ『風の市兵衛 弐』の第三弾です。



北最上藩石神伊家の五中老筆頭の中原恒之が、番方詰所の川波剛助という番方に斬られ命を落とした。御側役の忠犬と呼ばれていた川波は、その御側役の宝蔵万右衛門に即刻斬られてしまう(序章 忠犬)。

その数日前、北最上藩石神伊家馬廻り役助の金木脩は、柳橋北の船宿≪川口≫に呼び出されていたが、隣の部屋で騒いでいた浪人たちに襲われ重傷を負う。からくも脱出した脩は市兵衛に連絡を取るのだった。(第一章 大川)。

北最上藩の金木家へとやってきた市兵衛は、金木家の当主金木清太郎や、隠居の了之助らに脩の事情を報告していた。そこに入会地である≪神室の森≫の石神伊家による召し上げの話が持ち上がる。この≪神室の森≫は徳川家康のお墨付きのある中原家の領地であり、絶対に認めることはできないものだった。
了之助と共に≪神室の森≫へと赴いた市兵衛だったが、既にこの≪神室の森≫での立木の切り倒しが始まっていた。切り倒しの役人らを退けた市兵衛は、中原了念ら中原家長老らに会い、家康の記したお墨付きを持っての了之介の江戸行きの警護をすることを引き受けるのだった(第二章 羽州街道)。



今回の市兵衛はかなり読み応えがありました。

小弥太と織江の父親である信夫平八郎が出奔するきっかけともなった金木家の属する中原一門とと宝蔵一門との対立は、藩主石神伊隆道を抱え込んだ宝蔵家の強引な措置により表面化し、金木家と宝蔵家とが正面から対立することになります。

そのあおりで江戸で瀕死の重傷を負わされた金木脩ですが、市兵衛は脩の話を聞いて北最上藩へ行くことになるのです。

脩の受傷から市兵衛の旅立ち、金木家、そして中原家との交誼を経て、昔からの入会地である≪神室の森≫での宝蔵家との衝突を経て、中原一門の幕府への訴えという物語の流れが丁寧に説明されていいます。

その上、主人公が他藩の抗争に絡んでいく必然性を、読みやすい文章の中で説明的でなく描きこんであるために違和感無く感情移入することができます。

勿論、痛快小説の醍醐味である剣戟の場面も十分に描いてあり、市兵衛の魅力が過不足なく描きこまれているのです。

市兵衛の絡む恋模様を期待させるような描写も少しですがありましたが、本巻終了時点では何の変化もありませんでした。もしかしたら今後の展開に期待すべきかもしれませんが、そうしたこともなさそうなままに終わっています。



北最上郡の石神伊家の絡んだ話は多分本書で終わるでしょうから、今後の展開がどのようになるものなのか、期待したいものです。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR